内職 今と昔

内職とは、基本的には家の中で仕事を行なうことです。主に、外に働きに出ない主婦等が、家で仕事をして家計を助けるケースを言っていました。過去形の言い方になるのは、一昔前と現在の内職の種類や内容が大きく変わっているからです。以前の内職というと、下請け作業がほとんどでした。糸にビーズを通したり、封筒に手紙を入れたり、携帯電話の組み立てなど、質もさることながら、とにかく量をこなすことが大切でした。内職での給料は、それほど良いものではなく、時給にすると500円にも満たないものでした。しかし、最近では、インターネットの普及によって、内職の内容は大きく変化しています。ネットを使った内職の種類はとても多く、それに伴い給料も以前の内職ほど低くないものがほとんどです。



現在は、内職の進化系と言われるSOHOという言葉が生まれる世の中です。自宅を事務所して、インターネットだけのつながりで、そのまま会社経営をする方もいらっしゃいます。内容も様変わりした内職ですが、それだけニーズも多様化していることになります。以前と変わらぬアナログ的な内職も数は少ないもの健在で、そのような内容の内職が良いという方もいらっしゃいます。これからの内職の将来については、内容ももっとバリエーション豊かになって、多くの内職者を生むことになるでしょう。家庭で仕事が手軽にできる点については、子持ち主婦などについては朗報でしょう。インターネットの普及があらゆる可能性を現実化したといえます。

 

Copyright © 2014 内職とは All Rights Reserved.